男性にも知ってもらいたいピルの役割

男性と女性がこの世の中にいる限り、性交渉ということは日常に有り得ることです。性交渉をすることによって、人間の体というのは生殖をしていくことができるので、妊娠をしてしまう可能性があるのです。妊娠をして喜ばしいというカップルがいる一方で、妊娠をしてしまうと本当に困ってしまうということもあります。特に将来を考えているわけではない人との間に子供ができてしまうと、人生も変わってきてしまうこともあるからです。そうならないようにするためにも避妊をする必要があるのです。日本では避妊方法としてメジャーであるのがコンドームの使用です。男性が装着して使用するものですが、精子が女性の体内に侵入するのを防いでくれるものです。しかし、女性が自分を守るために服用する経口避妊薬であるピルも知られるようになっています。男性でもコンドームをすることで、感度が下がってしまうなどの理由から装着するのに抵抗がある人もいるものです。避妊に協力的でない相手との性交渉にはピルは効果的といえましょう。ピルの役割としては、主に女性の生理周期を整えるということがいえます。28日周期に整えて、いつ生理がくるかがわかりやすくなるので、生理不順を改善することができたり、ホルモン剤の効果によって排卵を抑えることができるので、卵子と精子が受精する機会がなくなるので妊娠を防ぐことができるというわけなのです。また、ピルは正しい服用をすればほぼ100%の成功率を誇る避妊方法になります。ですから、しっかりと毎日服用すれば妊娠をすることはないといえましょう。男性にとってもとても良い避妊法といえますが、気分が悪くなるなどの副作用が見られる場合や性感染症の予防にはならないので、男性もそのあたりの理解を深めるようにするといいでしょう。

ピルは月々いくらかかるのか

低用量経口避妊薬(ピル)が日本で発売されるようになったのは約17年前。日本での歴史はまだまだ浅いですが、以来多くの女性が常用するようになりました。ピルについては正確な知識を教える場があまり無いため、まだまだ間違った知識や思い込みが多く、嫌厭される事も乱用される事も多々あります。服用に際しては婦人科医師を訪れ相談し、多数ある種類から個人に合った物を選びます。一般的には副作用は少ないですが、必ずしも「100%副作用が無い」とは言い切れない部分が未だにあります。人工的にホルモンバランスをコントロールするわけですから、それに伴っての副作用というリスクは心得ておかねばなりません。また持病(高血圧や心臓疾患など)を持っている人や喫煙者なども服用出来ませんし、他の薬を飲んでいる人は服用する前に必ず医師と詳細に相談することが肝心です。さてピルにかかる月々の費用ですが、一般的に使用されているピルの価格はさほど高い物ではありません。種類にもよりますが、安い物で一箱(約1ヶ月分)1000円台、高い物でも3000円程度の負担になる事がほとんどです。望まない妊娠などから守ってくれる事を考えれば、ピルにかかる月々の負担はさほど大きな物とは言えないでしょうし、若い層でも続けて服用していける範囲の価格設定になっています。ただし妊娠が避けられるからと言ってピルだけに頼るのではなく、ピルはあくまで女性側からの防御の一つにしかすぎません。パートナーからもコンドームの併用をしてもらい、望まない妊娠だけではなく性病からも身を守る事が大切です。まずは婦人科で医師と相談し、うまくピルと付き合っていけるよう、知識を得る事も重要です。

ピルを飲む女性の割合は?

日本で避妊法とし需要が最も高いのはコンドームとされていますが、実は海外ではピルで避妊をする人の割合が多いことがご存知でしょうか。日本でコンドームの使用率が半数近いのに対して、ピルの服用は1~3%というデータが出ており、欧米諸国がアメリカなどの普及率の加えてダントツに低いことがわかります。このように、日本がピルの服用後進国であり理由にはいくつかのことが考えられます。まず、日本で低用量ピルが認可されたのは1998年とあまりに遅く、タバコの喫煙者により血栓症のリスクや副作用などが多く出る薬としてのイメージが定着し払拭できていないことがあります。また、イギリスなどでは、無料でピルを手に入れることができるため年頃になると女性なら誰でもピルの服用習慣を身に付ける習慣が根付いていますが、日本では保険適用ができないため費用が高額になることもあり、また処方箋が必要な薬であるため、わざわざ医療機関に足を運ばなくてもコンビニでも手軽に購入できるコンドームでの避妊を考えてしまいがちとも言えます。確かに、病気の予防としてコンドームは有効なこともありますが、コンドームでの避妊率は80%と低く、失敗して望まない妊娠をしたり人工中絶を受ける未成年も少なくありません。ピルは、避妊以外に重い生理痛やPMS、更年期障害などの症状の緩和や、子宮体がんや卵巣がんなどの女性にしかない臓器による病気の発生リスクなども下げる効果もあるので、避妊目的で服用する人も増えてきています。しかし、コンドームのように手軽に手に入れることができず、処方箋でなければ購入できないのというのはなかなか手を出しにくいのも仕方ないといえます。価格を下げたり、副作用や後遺症などの悪いイメージを取っ払わない限り、欧米のように日本でのピルの需要が高まるにはかなりの時間が必要と言えるのではないでしょうか。
■生理不順や生理痛にも
ピル 通販
■望まぬ妊娠を防いでくれるピルは生理痛にも効くんです
デソゲストレルで生理痛も緩和

トップページへ