勉強はどうやってするのか

国家資格は、国が定めた資格のことです。
試験は、国や国が認めた機関が行います。
試験を受けて、合格しなければ就けない職業があります。
例えば、医師、弁護士、会計士、教師、パイロットなどがそうです。
試験を受験するのにも学校で専門的に勉強しなければ受けられないこともあります。
そういった職業に就いていない人でも、学校で専門的に勉強しなくても一定の年齢に達すれば誰でも受けられる国家試験もあります。
自動車の運転免許です。
それでも、視力や聴力などの受験資格はあります。
取得の為に実技等を勉強する民間の学校はありますが、その学校の入学資格等は特に厳しくはありません。
他にも、気象予報士や、旅行業務取扱管理者、宅地建物取引士などがあります。
天気を予測、予報することを業務にしている会社に一人以上は在籍していなければなりません。
最近は、天気予測アプリ等もたくさんあるので、その開発に携わる人もいます。
また、年齢制限がないので、子どもからお年寄りまでと資格保持者の年齢は様々です。
団体旅行などの時に随行する添乗員になるには、旅行業務取扱管理者の資格が必要です。
ただし資格を取得したからといって、即時添乗員として業務出来るわけではなく、実務経験が必要ですのでご注意下さい。
宅建という名でおなじみの宅地建物取引士の資格は、不動産屋への就職に有利です。
というのも、各事業所に必ず一人以上は資格保持者がいなければならないからです。
賃貸契約の際の重要事項説明は、資格を持った人しかできません。
このように国家資格を持っていると、職業の選択肢が増えるので、就職、転職に有利です。

国家試験ってなに?

国家資格試験は、定期的に行われます。 受験資格は、実技をある年数行っていなければならなかったり、特定の学校の卒業資格が必要だったりしますが、それらがなくても受けられる資格試験もあります。 誰でも受けられる試験についての勉強の仕方をまとめました。

ビジネスに役に立つ検定

国が定めた資格検定ではないものの、知名度、信用度ともに高く、世間一般に知られている検定があります。 業種によっては、その資格を持っていると就職、転職に有利になります。 そんな国家資格ではないけれど、持っていると仕事の役に立つ検定、資格についてまとめました。

検定は誰が主催なの

検定は国家資格とは違い国や自治体は全く関与しないものです。 現在さまざまな協会によるさまざまな検定が存在します。 ビジネス、語学、教養のみならずあらゆるジャンルの検定があります。 なかには変わったものもあります。 どんな検定があるのか、受験資格はあるのかなどをまとめました。