マンションの外壁工事発注の流れと費用について

マンション経営者必見!外壁工事発注の流れと費用、業者選びのコツも紹介!

業者は発注後にどのような形で進めてもらえるのでしょうか?

マンション経営者で建物を長く使用すれば、外壁のひび割れや色褪せが発生するでしょう。放置をしても機能性が低下していて、外気や湿気の影響を受けやすくなります。それにより、入居者だけでなく入居募集をする際にもマイナスのポイントとなりかねません。また、入居者の中にはクレームなどの形で相談されるかもしれません。外壁のひび割れや色褪せのような症状が出た時は、できるだけ早めに業者に依頼するようにしましょう。

国土交通省からの情報によれば、12年を1つの目安としてマンションのリフォームや修繕を行うのが最適のようです。それにより建物の性能が高まり、入居者に高い満足度を提供できるでしょう。また、入居希望者で内覧をした際にも内外装の雰囲気の良さが伝われば、入居に繋がる可能性が増します。施工は安くないかもしれませんが、賢く活用すればコスパの高さや生活に良い循環を得られます。

コスパの高さや生活に良い循環を得るためには、業者選びが欠かせません。大掛かりな作業となるのが見込まれるため、ある程度の会社規模や体力がない業者はおすすめできません。とはいえ、低価格であったり、見積もりや相談をした際に明確な説明をしてくれない所も不安を抱くはずです。複数の業者と見積もりや相談をしたうえで、最適な所を選ぶようにしましょう。

なお、車で30分以内に来てくれる業者であれば、施工後のトラブルが起きた際や緊急対応が必要な時に迅速な対応を受けやすくします。選ぶ際の1つの参考資料にしてください。

▲ TOPへ戻る