マンション経営者必見!外壁工事発注の流れと費用、業者選びのコツも紹介!

マンションで外壁工事が必要になる時と上手な業者選びのコツ

仕上がりまでの流れとは?

マンションの外壁工事の殆どは塗装工事となります。仕上がりまでの流れを把握できれば、工期や工事中の注意点のイメージをしやすくします。

凡その流れですが、特にマンションのような建物は高所での作業となるため、足場設立は欠かせません。高層マンションのレベルであれば、高所作業車を用いた作業を行います。他にも、塗料が風や雨の影響で飛ぶのを防ぐために、シート養生も欠かせません。その後、塗料を付きやすくするために、高圧洗浄機などで外壁の洗浄もします。複数回塗料を塗り、清掃をすれば作業は完了です。

工期の相場ですが、マンションの戸数が50世帯未満であれば3か月程度となります。戸数がそれ以上かつ高層マンションのレベルとなれば、半年以上の長期になるかもしれません。外壁工事は大掛かりな作業となりますが、中長期的視点に立てば建物の維持管理が出来るため、プラスの効果を得られるでしょう。

入居者にも説明が必要

しかし、マンションの外壁工事中でも入居者はそこで生活をしなければなりません。洗濯物が干せなかったり換気の際に塗料の臭いが発生するなど、少なからず生活に支障が出ます。人によっては、職人が室内の様子が見える所で作業をすることに対して不安を抱く人はいます。そのため、施工前に十分な説明ができないとクレームの対象となりかねません。

少なくても施工前には、業者の職人と一緒に近隣住民への挨拶を済ませてください。質問や疑問が出た場合には、明確な説明をしましょう。また、入居者が多い所であれば、数日の日程を設けて工事説明会をするのも1つの方法です。

なお、入居者への説明が十分に行き渡らなかったために、裁判となったケースもあります。事前準備を徹底して行い、誰もがwin-winになるようにしましょう。


▲ TOPへ戻る